「懸ける思い」

まちのために何が出来るか これから生まれ来る子ども達のために何が出来るのか・・・

悲惨な事件や事故を耳にし、目にするたびに耐え難い悲しみが込上げます。

私は青年会議所との出会いで、自分たちの暮らす まち や 地域 に対して関心を持ち「自分にも何かが出来るはず」そんな思いを抱くようになりました。

そしてPTA活動を始めとする地域活動のなかで 子を持つ親世代として“ふと”立ちどまって考えた時、自らの人生の次なる道が政治家でありました。

「もっともっと自分たちが暮らすまちは良くなるはず」と、責任世代の大人として閉塞感すら感じる時代だからこそ、あきらめずに歩んでいこう そんな思いでありました。

様々な課題を抱えながらも、このまち寒川を夢あるものにして 未来を描き希望の持てる 郷土愛あふれる寒川町へと 今まで以上に行政と町民、企業とが連携をし、一体となって町に賑わいを見せ、誰もが安全に安心して生活が送ることが出来るよう、寒川町と神奈川県とを「繋ぐ」架け橋となってまいります。

kakeru2

kakeru1

kakeru2

kakeru3